スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WNJ福祉連絡会スタート集会

WNJ(ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン)福祉連絡会スタート集会
に参加しました!
2008年9月19日(金)13:30~16:30
新宿文化センター展示会室

現在の介護保険制度の問題点について、ワーカーズ・コレクティブの方から
いろいろな提起がありました。

080918

第1部 各連合会の現状と課題の報告
(松本はこちらでコーディネーターをつとめさせていただきました)

第2部 シンポジウム ~各現場からの報告を受けて~
 (A)介護保険サービス事業の報告
  ①訪問介護
  ②通所介護
  ③居宅介護支援
 (B)介護保険外サービス事業の報告
  ①移動サービス
  ②配食サービス
  ③介護予防  
  ④家事支援・介護

今回、北海道の連合会の方のお話を伺う中で改めて認識したことがあります。
当日配布された資料を引用させていただきます。
「北海道の冬は積雪などで移動に大変時間がかかる。夏場の3倍は移動にかかると考えてよい。また利用者宅も除雪されていないことも多く、車を止めるのに除雪。そして利用者宅の玄関まで除雪してから入ることもある。冬の車のなかにはスコップ・車が埋まったとき脱出するヘルパー、長靴、などは必携である。
 ケアに入る前に30分程度雪かき仕事をしないとケアがはじまらない事もある。北国のヘルパーの冬は本当に雪と時間の戦いである。ケア以外の時間は全く分配金にも反映されていないのが現状である。」

30分の訪問介護のために、
普段よりも30分余分に移動時間がかかったとしても、
雪かきのために30分の時間がかかったとしても、
介護保険の報酬が適用されるのはたった「30分」ぶんなのです。
こうした問題についても私たちは真剣に考えていかなければならないと思います。

現在介護保険にかかわっていない人も、
いつかは介護をうけるために介護保険制度を利用するときがくるでしょう。
介護をする立場になる人もいるでしょう。

20代であってもまだまだ先のこと・・・と考えず
介護や介護保険制度についてもっと興味をもってくださいね

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。