FC2ブログ

定期試験、採点中

現在、定期試験を採点中です。

090115_01
↑このようなものが必需品となります。



採点(320枚)も大変なんですが、問題をつくるのも一苦労です。
非営利組織論は教科書もノートも全て持ち込み可としています。
真面目に授業を受けている学生がいかにいい成績をとれるようにするか・・・
それが問題です。
授業に全く出ていないのに、SやAを取れたよ!という学生の話をききますが、
「本当にそれでいいのか・・・」と疑問をもってきました。
かといって、出席はしていても授業内容はまったく理解していないのに、
出席点をしていたからSやAを取れたよ!
という学生の話にも疑問を持ってきました。

非営利組織論は、
出席点・授業態度30点
(出席点はミニレポート10点×3回で評価、
授業態度は前のほうで熱心に授業を受けたり
質問をする学生の顔を覚えておいてテスト中に名前をチェックして加点)
定期試験70点
で評価しています。

試行錯誤の上、
今回は問題1を○×方式にしました。(2点×10=20点)
正解は、○○○××○○××○
問題2~4は小問(5点×3=15点)
問題5は穴埋め(両方できて5点)
問題6は大問(自主的にノートを作成していないと解けない問題)
(2点×4、5点×2、6点×1=30点)
でした。
問題1以外は、レジュメにあるものをそのまま書き写してしまうと0点となります。



とにかく総合的に判断できるように頑張っています。



駒大でも4年生以外はGPA方式が導入されていますので、
みなさんがどんなによくできたと感じても
S、A、B・Cの割合はおおよそ決められていて
他の学生と比較して相対的に成績が決定されるため
成績が以前より下がったように感じる学生も増えたのではないでしょうか?

というわけで、成績の差を出しやすくするために
今年は問題を少し難しめにしています。
つまり、Sの人を基準に問題をつくっている感覚です。



特に論述形式のテストで良い点数をとるコツは、
①レジュメには書いていないけれど、先生が2・3度繰り返し強調する言葉を
テストに入れ込んでみること
②きれいな字で書くこと
③最後まであきらめずとにかく沢山書くこと
④半年あるいは1年の授業を振り返って、先生が1番主張したいことは
なんだったかを整理しなおすこと
などでしょうか。一般的ことですみません。



定期試験は始まったばかりです。

最近は就職活動の時期がはやまっていることもあり、
3年生にとって1月の定期試験は就活との両立という意味で本当に厳しいものです。
2年生のうちに出来る限りの単位をとっておくことも求められます。

授業期間中に勉強の足りなかった人は、
この土日、気合いを入れなおして頑張ってみてはいかがでしょうか??!
検討を祈ります。

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード