おとこの台所

みなさん、お元気ですか?
松本、先週は、なんとなく調子が悪く(特に月~水曜日あたり)、フラフラとしていました。

土曜日におとこの台所のみなさんから元気を分けてもらい、
日曜日に睡眠をとったら体の調子がよくなりました。
今日はインフルエンザの予防接種をうけるまでに回復しました。
市民活動への参加=元気の素となりつつある自分の体がちょっと恐いです



2008年11月15日(土)、ミニディおとこの台所(八幡山)を訪問しました。
光岡さん、お取り計らいありがとうございます。

おとこの台所とは、
「退職後の家に引きこもりがちの男性の活動拠点として料理教室を立ち上げ」られ、
「区内4ヵ所(松原、上馬、桜新町、八幡山)で活動中」の任意団体です。
登録メンバーは4箇所あわせて、100人もいるそうです。
6年前の設立以来、どんどん人気がでてきていると伺いました。

以前から(ZA世田谷のWAで山内さんの報告を聞いてから)気になっていた団体でした。

おとこの台所(八幡山)は、八幡山ふれあいの家(世田谷区八幡山1-11-10)で
毎月第1、第3土曜日 9時半~活動しています。
ふれあいの家は、世田谷区社会福祉協議会が管理している地区会館のようなものです。
081115_01
しっかりとしたキッチンスペースもあります。

見事な包丁さばきでございます。
今回対応してくださった名取さんはもう5年もこうやって料理をしているそうです。
081115_02
炒め中です。
081115_03
今回の参加者は13人、
料理はまだ始めたばかりという人もいますが、
かなりの腕前の方もいらっしゃいます。

今回は秋の食材を中心に調理されました。
献立は、
「キノコづくしの炒め物」
「なすとパプリカのアンチョビ炒め」
「さつま芋の炊き込みご飯」
「鶏とザーサイの酒蒸し」
でした。
家ではなかなか作らない本格的な料理ばかりです。081115_05

みんなでそろって食事です。
081115_04

最初は男性13人、どんな料理ができるのか・・・
おとこの人が台所に立つということに慣れない自分がいましたが(偏見ですね、反省です)
できてみてびっくり!!
とっても美味しくいただきました。

料理をつくって、みんなで食べて、それで終わり・・・
ではなくて、この会食をしている時に「おとこの台所」の意義があることに気づきました。

会食=みなさんの情報交換の場になっているのです。

7つも市民活動を掛け持ちされている方もいました。
メンバーの中には船橋の温水プールに一緒に通っている人もいるそうです。

話をされているみなさんの笑顔を見て元気になりました。


みなさん退職されているので、一般的に「いいお年」なのですが、
60代、70代ってこんなに元気なの?って認識が変わるほど、みなさん若いです!!
わいわいできる仲間がいて、
長生きするっていいことだな、と改めて感じられる一日でした。


※おまけ(おとこの台所の方に送っていただいた写真、
松本熱心に取材中、うーろん茶を撮影しているわけではありません
081115_06

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード