労務理論学会第18回全国大会

労務理論学会第18回全国大会が開催されました。
2008年6月14日(土)15日(日)
金沢大学角間キャンパス

金沢大学へは金沢駅からバスで約30分、
ステキなエントランスに迎えられました。
08労務理論学会01

2日間にわたり統一論題が実施されました。
今回のテーマは、「先進5カ国の人事労務管理―市場原理主義浸透の中での現状と課題」で、
日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデンが対象となりました。
白熱した議論が交わされました。
自由論題、社会保険労務士分科会、特別講演も行われました。
08労務理論学会02

議論も盛り上がってきたところで・・・
金沢エクセルホテル東急で懇親会が開催されました。
こんな雰囲気です。80人近く参加していたのではないでしょうか。
08労務理論学会03

経営学関連の学会は女性会員が比較的少ないのですが、
今回は女性会員が多かったように感じます。
(以前、とある学会で懇親会に参加したら、女性は私だけということがありました)
女性研究者が増えることに期待するという意味をこめて、記念撮影です
08労務理論学会04

労働問題などに興味のある方、ぜひ労務理論学会にご参加ください!
2009年度の大会は、駒澤大学深沢キャンパスで開催予定です。
みなさまのご来場、楽しみにお待ちしております。

労務理論学会第18回全国大会 番外編(金沢)

学会といえば、開催地の空気を肌で感じることは非常に重要なんです。
その土地の経済状況、商店街、町並みや文化、そして食を知ること、
さらにはその土地の人と話すこと、それが研究の糧になるのです
という言い訳はさておき、金沢の町を満喫してきましたのでご報告いたします。

金沢のエントランス、金沢駅でございます。不思議な建物ですね。
この建物には賛否両論あるとか・・・和洋折衷??
08金沢15


兼六園近くの町並みでございます。
08金沢01

今回金沢を案内してくださった建築家・松島健さんが建築された医院でございます。
外見も内装もとっても町並みに溶け込んだとてもステキな建物です。
08金沢02

お昼は乙女寿司さんでお寿司をいただきました。

↓こちらは金沢21世紀美術館でございます。
2004年に開館ですが、金沢の顔的存在になりつつあると確信いたしました。
『まちに開かれた公園のような美術館』がコンセプトだそうで、
松島さんおすすめのタレルの部屋「ブルー・プラネット・スカイ」は本当によかったです。
1日中まったりしたかった。
まだ行かれたことのない方にはおすすめの美術館ですよ~。
08金沢03
08金沢04
子どもたちもかなり真剣に美術館見学のご様子です。

金沢城
08金沢05


兼六園
08金沢06
08金沢07


ひがし茶屋街 雰囲気のあるまちですね。
08金沢08

黒の建物は松島さんの作品です。
金沢東山「茶房一笑」
08金沢09
08金沢10
内装も大変趣きありです。
茶室から中庭とエントランスまでが全て見渡せる構造になっています。

夜は「壽屋」さんで加賀精進料理をいただきました。
もちろん地酒もいただきました。
1つ1つの料理がとても丁寧に仕上げられています。
なんて贅沢☆
08金沢11
08金沢12
08金沢13
内装の青色がとてもステキです。金沢での赤や青といった色へのこだわり、
これは現地にいって体感しないとなかなか伝わらないものです。

夕食のあとは、「広坂ハイボール」さんにおうかがいしました。
大島さんはこのバーの看板娘でバーテンダーの修行中でございます。
08金沢14
動作がとってもしなやかで、おもわずみとれてしまいました。

今回の学会では金沢という土地で
いろいろな方と知り合うことができました。そして大変お世話になりました。
松島さん、金沢を紹介してくださりありがとうございました。
また金沢に遊びに行きますね~!

日本比較経営学会第33回全国大会

日本比較経営学会第33回全国大会が開催されました。
2008年7月4日(土)、5日(日)
札幌大学

地下鉄南北線澄川駅が最寄りです。大学まではバスも出ていますが、
ほとんどタクシーやスクールバス移動でした。
北海道は東京と気温が同じでも湿度が低いので、
勉強にはもってこいの気候ですね。

2日間にわたり統一論題が実施されました。
今回のテーマは、「CSRの理論と現実」、
アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、ハンガリー、中国におけるCSR理論に関する報告が展開されました。
080705_01
統一論題と共に、
自由論題報告、ポスドク・院生セッション、ワークショップなどが行われました。

懇親会は、札幌大学生協で開催されました。 
080705_02

懇親会では、大学の吹奏楽の方々が演奏をしてくださいました。
080705_03

来年の日本比較経営学会は沖縄国際大学で開催される予定です。

夏休みまで残り1週間程度、気合をいれてがんばりましょう!

工業経営研究学会第23回全国大会

工業経営研究学会第23回全国大会が開催されました。
2008年10月4日(土)、5日(日)
明治大学リバティタワー

統一論題は、
グローバリゼーション下における工業経営研究のフロンティア
 -モノづくりの質的高度化を目指して-
でした。
081006_01
鈴木幸毅先生が工業経営学会貢献賞を受賞されました。
081006_02
懇親会の様子
081006_03

お疲れ様でした。

「新しい公共と市民自治」総括フォーラム

協同総合研究所主催、
「新しい公共と市民自治」総括フォーラム、に参加しました。

日 時:2008年10月5日(日)13:00~17:00
会 場:明治大学リバティタワー8階1083教室
主 催:協同総合研究所
共 催:日本労働者協同組合連合会
参加費:1,000円(会員・障がい者・学生は500円)

パネリスト
福嶋 浩彦さん(前我孫子市長、中央学院大学客員教授)
前山総一郎さん(八戸大学ビジネス学部教授)
植田 和弘さん(京都大学大学院経済学研究科教授)
野澤  郎さん(上越市役所 健康福祉部 部長)
田中 羊子さん(ワーカーズコープ専務理事)

コメンテーター
島田 修一さん(中央大学名誉教授、社会教育・生涯学習研究所所長)
堀越 芳昭さん(山梨学院大学大学院社会学研究科教授、日本協同組合学会元会長)

コーディネータ
中川雄一郎さん(明治大学政治経済学部教授、協同総合研究所副理事長)

081006_04

法制化の議論はさておき、
とっても熱い議論になりました。
感想はまた後日・・・。

日本経営学会関東部会 2008年10月25日

早稲田大学で開催された日本経営学会関東部会にて
明治大学大学院の山下智佳さんの報告「ソーシャル・エンタープライズとしての医療生協」
の司会兼コメンテータを務めてまいりました。

NPOの集会などでコメンテータを務めたことはありますが、
研究会などで正式に依頼を受けての司会兼コメンテータは今回が初めてでした。
そんなわけで前日は緊張してあまり眠れませんでした・・・
山下さんの報告を引き立てるようなコメントになったのであればよいのですが。

社会性と企業性を両立させたソーシャル・エンタープライズの視点で
医療生協を理論的・実践的にみる研究というのは日本ではほとんどありません。
意義のある研究だと思いますので、頑張ってほしいです。

土曜はたいてい研究会や学会に参加(地方の学会の場合は日曜日にかかります)、
日曜は大学で翌週の授業準備やら雑用などをしています。
授業期間(4月~7月、9月~1月)は土日に休みがとれません。
11月にはいると体の疲れもピークを迎えます。
大学でも風邪が流行り始めています。私も風邪気味です。
土日も仕事やアルバイトをしていらっしゃるみなさん、
風邪などひかぬようご自愛ください

Victor Pestoff 氏の講演

Victor Pestoff氏の講演が東洋大学白山キャンパスで行われました。
講演タイトルは、
“Towards a Paradigm of Democratic Governance;
Citizen Participationand Co-Production of Personal Social Services”で、
デモクラシー、参加、ガバナンスとは一体何か
ということを考えさせられる講演会でした。
081209_01
本日の内容は後日
東洋大学今村肇先生のHPで公開されるそうです。

2009年1月17日 企業研+関東会計 合同研究会

本日立教大学で
企業経済研究会と関東会計研究会の合同研究会が開催されました。
毎年1月の例会は合同で行われます。
今回は企業研50周年ということもあり、
センター入試業務の先生もいらっしゃったわりに参加者は多かったように思います。
(センター入試業務担当の先生方、お疲れ様でした。)
090117_01

報告者は以下の通りでした。
第1報告:「福岡純真学園・東和大学 多数解雇と経営分析」
   山口 孝先生(明治大学名誉教授)
第2報告:「新たな恐慌と現代経営学の課題」
   野口 祐先生(慶応義塾大学名誉教授)

合同研究会に参加する度に、会計学についても学ばなくてはならないなと実感します。
20代の先生から80代の先生までが交流を深められる点でも
とても貴重な研究会だとおもいます。

これからも継続されることを期待しております。

本日はお疲れ様でした。

more...

09年1月22日 日中草の根NGOとの交流

駒澤大学の李先生の企画で日中草の根NGOとの交流会が開催されました。
場所は駒澤大学深沢キャンパス、
「日中草の根NGOの交流と共有の可能性:コミュニティ自治と弱者支援の分野を中心に」
というテーマでした。
090122

more...

2009年1月28日社会的企業研究会

社会的企業研究会に参加しました。
「公益法人改革と社会的企業」というタイトルで
富永さとるさんからお話を伺いました。

富永さとるさんのブログはこちらから

090128_01

非常に勉強になりました。ありがとうございます。

2008年12月に新公益法人法が施行されました。
その概要や、NPO法人と新公益法人のちがい、
法人格取得の際のメリットなど、この分野に関する知識がない方にとっても
とてもわかりやすいお話だったと思います。

来年の非営利組織論でこのあたりのことを話せるように
春休みは非営利株式会社と併せてしっかり勉強しようと思います。

2009年1月28日協同金融研究会

協同金融研究会に参加しました。
本日の講演は、上智大学藤井良広先生による
「金融NPOの取組みから見た今後の地域金融について」でした。
2007年に出版された『金融NPO』(岩波新書)をベースに
アメリカのCDFIのことを中心にお話を伺いました。
CDFIとは、Community Development Finance Institutionの略です。
日本でいうところのNPOバンクのようなものだそうです。

090128_03
写真は講演者の藤井良広先生です。

090128_02
写真は協同金融研究会会長の齊藤正先生です。


お金の流れが見えなくなっている世の中で、
お金の流れを知ることは大事ですね。


今日は研究会をはしごしました。
充実した1日でした。


研究会には5人のゼミ生も参加しました。
(>研究会ってこんなかんじですよ!!)
会場設営等お疲れ様でした。

ソーシャルビジネス全国フォーラム

ソーシャルビジネス全国フォーラムが
3月19日(木)にTOC有明コンベンションホールで開催されるそうです。

主催が、「ソーシャルビジネス推進イニシアティブ、経済産業省」ということもあって
参加費は無料。学生でも気軽に参加できそうです。

ソーシャルビジネス全国フォーラムの詳細はこちらから!

NPOや社会起業家に関連する講演情報☆

NPOや社会的企業に関連する講演情報をお知らせします。

5月21日(木)14:40~16:10(駒澤大学ビジネス事例研究講義時間内)
駒澤大学駒沢キャンパス1号館203教場
木下斉さん 「まちづくりビジネス」に関する講演
→木下さんは、2000年に新語流行語大賞を「IT革命」にて受賞
 されたという素敵な方です。
 学生時代から早稲田商店会のまちづくり活動に尽力され、
 非常に貴重な講演の機会になると思います。

木下さんのブログはこちらから

5月23日(土)14:00~17:00
立教大学池袋キャンパス 4号館4階4402教室
「ソーシャルビジネスと21世紀社会デザイン -社会的課題を解決する新しい試み-」
   講師:横石知二氏(株式会社いろどり 代表取締役副社長)
       熊野英介氏(アミタ株式会社 代表取締役社長)
       山崎大祐氏(株式会社マザーハウス 取締役副社長)
       中村陽一(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授/ソーシャル
           ビジネス推進イニシアティブ座長)
       石川治江(21世紀社会デザイン研究学会副会長/NPO法人ケア・
           センターやわらぎ代表理事)
 主催:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
 共催:21世紀社会デザイン研究学会
 後援:立教セカンドステージ大学
→横石さんのお話をきける大変貴重な機会です。
 
21世紀社会デザイン学会HPはこちらから

6月6日(土)9:00~17:00 日本協同組合学会第28回春季研究大会
テーマ:「協同組合法の会社法への接近を分析する」
東京海洋大学 品川キャンパスにて

6月7日(日)15:00~17:00 PARCシンポジウム「新自由主義の終わりと連帯経済」
【パネリスト&テーマ】
「新自由主義がもたらしたもの」
 アンドリュー・デウィット(立教大学経済学部教員)
「連帯経済への視点―グローバルに広がる動き」
 北沢洋子(国際問題評論家)
「反貧困から連帯経済へ」
 湯浅誠(PARC理事・もやい事務局長)
「地域で・人びとがお金を循環させる」
 向田映子(女性・市民コミュニティバンク代表)
→最近お忙しい派遣村の村長もされていた湯浅さんのお話をお伺いする
 貴重な機会です。向田さんのお話も楽しみです。

7月2日(木)16:20~17:50(GMS学部金山先生の講義時間内)
駒澤大学駒沢キャンパス1号館301教場
村田早耶香さん(NPO法人かものはしプロジェクト)による講演会
→社会起業家の1人として注目されている方です。
 金山先生によれば、活動にかける思いは人一倍の方だと伺っています。
 こちらもとても非常に貴重な機会ですよ!

日本比較経営学会第34回全国大会

2009年5月22日~24日、
沖縄国際大学にて日本比較経営学会第34回全国大会が開催されました。
今回は、自由論題の司会を務めさせていただきました。
090523_01
松本、初めての沖縄です!!

・・・というわけで、オリオンビール名護工場に出かけました。
オリオンビールの名前の由来や会社の歴史をききました。
090523_02
製造ラインをみることができました。※ただし日曜日のため、ラインは動いていませんでした。
写真も工場見学にしては珍しく自由に撮影することができました。
090523_03
ビール工場の見学といえば、お決まりですが、試飲ですね☆
2杯までいただくことができます。
できたてのオリオンビールは、のどごしすっきりの飲みやすい味です。
090523_04

これ以外にもいろいろとあった沖縄の学会でしたが、
1番感動したのは↓これです。
090523_05
出張する時は、そのまちの商店街などを見学することにしているのですが、
国際通りの奥まった商店街で「石垣島ラー油」を発見しました。
値段は秘密です。入手困難な品のようなので、やっぱり街歩きは
いいものだな、と改めて実感しました。


ゼミ生の皆さんへのおみやげは次週のゼミの時間に!!

日本協同組合学会第28回春季研究大会

2009年6月5日(土)
日本協同組合学会第28回春季研究大会
に参加してきました。

今回のテーマは、「協同組合法の会社法への接近を分析する」
東京海洋大学 品川キャンパスで開催されました。

青山学院大学の関英昭座長のもと、非常に有意義な大会となりました。
090605
 

新自由主義の終わりと連帯経済

2009年6月7日(日)、総評会館にて開催された
アジア太平洋資料センター(PARC) 、財団法人大竹財団主催の
シンポジウム「新自由主義の終わりと連帯経済」に参加してきました。

パネリストとテーマは以下の通りでした。

1 新自由主義がもたらしたもの
  アンドリュー・デウィット(立教大学経済学部教員)

2 連帯経済への視点―グローバルに広がる動き
  北沢洋子(国際問題評論家)

3 「反貧困から連帯経済へ」
  湯浅誠(PARC理事・もやい事務局長)

4 「地域で・人びとがお金を循環させる」
  向田映子(女性・市民コミュニティバンク代表)

090606

連帯経済をもっと理解したいという気持ちで参加したのですが、
湯浅さんが講演されるせいか、会場は立ち見も出ているうえ、入れない状態。。。
テーマは固いものが多いので、研究者の方が中心なのかと思いきや、
若い人の多さに驚かされました。
松本は、あまりの混雑ぶりに、途中で参加を断念しました
そんなこともたまにあります。

労務理論学会第19回全国大会

7月18・19日、駒澤大学深沢キャンパスにて
労務理論学会第19回全国大会が開催されました。

初日の特別シンポジウムは、
「規制緩和と労働・生活を考える-研究者と労働運動家が現代と未来を語る-」
というテーマでした。
駒澤大学経済学部創立60周年の関連から
労務理論学会と駒澤大学経済学部の共催ということで、
一般の方々も無料で参加することができました。
090719_01

090719_02

09年07月25日 日本経営学会関東部会

本日、日本経営学会関東部会7月例会で、
「社会的企業研究の現代的意義」というタイトルで報告させていただきました。
司会の堀越先生、コメントをありがとうございます。
また、会場でご意見をくださった先生がたありがとうございます。
課題はまだまだ多いですが、がんばってまいりたいと思います。

第26回共同連全国大会(愛知)

2009年8月21日~23日、名古屋にて
共同連の第26回全国大会が開催されました。
090821_01

様々な興味深い報告がありました。
湯浅誠さんの講演もありました。
イタリアの社会的協同組合の映画である「やればできるさ」の上映もありました。
とにかく充実した大会でしたが、内容についてはまた更新します。
090821_02
この大会では、手話による通訳だけではなく、筆記通訳も行われていました。
090821_03

学会3連発

9月前半、ちょっと遠出をしてまいりました。

2009年9月2~4日日本経営学会第83回全国大会(九州産業大学)に参加、
統一論題は「社会と企業:いま企業に何が問われているか」でした。
090902_01
とても充実した大会で、いろいろと研究の参考になりそうな情報を得られました。

福岡といえば、太宰府天満宮、学問の神様です。
14年前の高校受験の時に、お世話になった先生からここのお守りをいただきました。
おかげさまで合格できたわけで、14年前の御礼をしてきました。
090902_03
それとたまたま、お隣の九州国立博物館にて、阿修羅展をやっていました。
東京にきたときも見たのですが、仏像好き(特に仏頭好き)の私としては
何かの縁と思い、もう一度再会しにいってしまいました。
最近、仏像好きの女性が増えているということですが、私は高校時代から仏頭が大好きです。
090902_02


2009年9月7~9日工業経営研究学会第24回全国大会(道都大学)に参加、
統一論題は、「価値」・「生産」の激変期に 改めて工業経営研究の機軸を探る、でした。
本大会では、学会報告もさせていただきました。
道都大学最寄りの北広島駅にて、大会の横断幕を発見!
090908_01
駅からは少々遠かったですが、空気のおいしい素晴らしい環境の中で
学会報告をすることができました。お世話になった先生方、ありがとうございました。
090908_02


2009年9月10~11日日本協同組合学会第29回大会(酪農学園大学)に参加、
大会シンポジウムは、地域に立脚した新たな社会経済システムの形成
  ―連帯する経済の中の協同と協同組合の実践―、でした。
酪農学園大学の最寄り駅は大麻(おおあさ)駅、
自然に恵まれた広大な敷地をもつ大学です。
090911_01
090911_02


2週間、素晴らしい報告を聞いたり、おいしいものを食べたり、おいしい空気を吸ったりと
大変充実はしていたものの、さすがに体力の限界・・・ですね。
研究者は体力勝負です!

アジア連帯経済フォーラム2009

アジア連帯経済フォーラムが、
2009年11月7日(土)、8日(日)に国連大学と青山学院大学にて開催されます。

詳しくはこちらから>>>

松本は7日と8日の分科会に参加しようと思っています。
参加費は3000円かかりますが、ゼミ生のみなさんも参加してみませんか?

以上、フォーラムのお知らせでした。

韓国で社会的企業について報告してきました

10月29日~31日まで韓国・釜山に出張してきました。
今回は、Busan Women and Family Development Instituteで開催された
2009 국제세미나 '이제는 여성이 경제대안이다' 안내
にて女性のための社会的企業として、日本のワーカーズ・コレクティブの事例を報告
するための出張でした。

more...

第9回ワーカーズ・コレクティブ全国大会

12月4・5日、第9回ワーカーズ・コレクティブ全国大会に参加してきました!
091205_01

※編集中です。

日本NPO学会第12回年次大会での報告

3月13・14日、日本NPO学会第12回年次大会で報告をしてきました。
100313_01
今回の報告タイトルは、
「ワーク・インテグレーションに取り組む社会的企業の役割と課題」
関西大学・橋本先生、大阪体育大学・吉中先生との共同報告でした。


場所は、立命館大学衣笠キャンパスです☆
100313_02


公開シンポジウム
「東アジアにおける社会的企業の台頭と挑戦」では、
ジャネル・カーリン氏(ジョージア州立大学准教授)による基調講演
「アメリカ、日本における社会的企業の動向:他地域との比較から」
も行われました。
100313_03
日本NPO学会は、日本のNPO研究者が一堂に会する大変貴重な機会です。
新たな発見や研究のヒントも得られて、非常に意義深い2日間でした。


期間中、京都・東山で花灯路というイベントが開催されていました。
3月22日まで開催されているようです。
100313_04
花灯路とは、「灯り」をテーマとする新たな観光資源の創出事業のことで、
ライトアップされた街はとてもきれいでした。
詳しくはこちらへhttp://www.hanatouro.jp/


素敵な京都で、無事に学会報告を終えることができてよかったです。

第35回日本比較経営学会

私的なことですが、5月14日、日本比較経営学会の自由論題で報告をしてきました。
「ワーク・インテグレーションに取り組む社会的企業の現状と課題」についてです。
今回は、東京・日本大学商学部のキャンパスでした。
100515
最近あちこちに顔を出しすぎているので(趣味が広がりすぎてしまっているので)、
しっかりと研究をしないとですね。角瀬先生の素晴らしいご報告を伺って改めて実感しました。

司会をしてくださった、重本先生、
素晴らしいコメントをしてくださった、日高先生、馬頭先生、
本当にありがとうございました。

質疑応答時間が短時間だったため、一言しか話せませんでしたが、
本当にいい機会を与えてくださり、ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

経営学史学会第18回全国大会

本日は晴れましたね☆ 調子もあがりますね
みなさん、がんばりましょう!!


さて、先日・・・
5月21日~23日まで経営学史学会の全国大会に参加してまいりました。

経営学史学会HP

最近は出張についていろいろと厳しい制限もでてきています・・・
しかし、研究者にとって、学会に参加して情報収集することは不可欠ですね。

開催場所は、福岡大学七隈キャンパスでした。
いつもお世話になっている、中川先生、そして大学院(ドクター時代)のゼミの同期生である
藤野先生にもお会いすることができました。
100523_01

こちら↓明治大学商学部の風間先生のご報告の様子です。
非常に気迫のある素晴らしいご報告で、松本も頑張らねばと勇気づけられました。
また、「市場性・経済性志向と社会性・人間性志向」に関して、
非営利・協同組織や社会的企業と関連付けて、研究しなければならないと思いました。
100523_02

懇親会では、福岡大学学長や本学会の理事長である中央大学高橋由明先生からお話がありました。
学会で熱い討論が展開されたこともあり、
懇親会はいつも以上に盛り上がったように思えました。
100523_03
参加された先生方お疲れさまでした。

中小企業家同友会の第15回障害者問題全国交流会に参加

6月18日、19日中小企業家同友会の第15回障害者問題全国交流会に参加してきました。

沖縄での開催で、ゆるいイメージかと思いきや、
なんと全国から400名以上の方が参加されました。
100618_01

分科会では5時間にわたる熱いシンポジウム+各テーブルごとにディスカッションが行われました。
100618_02
5時間・・・ちょっと長いかな、と当初は思っていたのですが、
同じテーブルには、大分の同友会の方や、沖縄で実際に障害者支援をされている方、
など、多様な方が集まりました。

沖縄の企業は、障害者法定雇用率の1.8%を達成しているそうです(1.83%)。
ハローワークの方などもかなり力をいれて、
企業と働きたい人をつないでいることがわかりました。
ただし、法制度にはいろいろと問題があることもわかりました。
それについてはもうちょっと勉強して、いつかブログに書きたいと思います。

積極的に障害者雇用を行っている中小企業さんのお話をお伺いすることができ、
名刺も交換させていただき、大変貴重な機会になりました。

懇親会では沖縄の踊りなどが披露され、懇親も深まり、大変有意義な時間を過ごすことができました。
100618_03
いろいろな出会いがありましたことに、感謝いたします。

日本経営学会関東部会2010年6月

先週末、日本経営学会関東部会の6月例会が駒澤大学にて開催されました。

シンポジウムテーマ
「現代株式会社の新動向と課題をめぐって」

1 「株式会社の拡散と空洞化」
小松章先生(一橋大学)
2 「株式会社と有限責任制:企業不祥事に関連して」
桜井徹先生(日本大学)
3 「会社法の構造変革」
関英昭先生(青山学院大学)

司会:大平浩二先生(明治学院大学)、亀川雅人先生(立教大学)
コメンテータ:菊池敏夫先生(中央学院大学)村田和彦先生(日本大学)

というテーマ、論題で行われました。
100626_01
報告者に法学者の先生が入ったことで、いつもより議論が白熱したように感じます。
松本もかなり熱心に聞き入ってしまいました。
非営利型株式会社や協同組合、財団法人、社団法人のことなど、
研究のヒントをたくさんいただきました。私も頑張らねば!!

日本経営学会第84回全国大会(石巻専修大学)

現在、台湾に出張中の松本です。台湾の出張報告はまたの機会にするとして…

9月2日~5日まで、日本経営学会第84回全国大会に参加するため
宮城県の石巻に出張してきました。
石巻といえば、お魚☆おいしいですよね~。
そして、石ノ森萬画館!!学会の合間をぬって、行ってきました。
100903_02
素敵なゆるキャラ?がいたので、手をつないで写真を撮りました☆
100903_03


…と観光気分なようですが、仕事は果たしてきました。
今回は、
ワークショップで「ソーシャル・エンタープライズによる地域雇用の創出」
自由論題で「社会的企業研究の現代的意義」
というタイトルで報告をさせていただきました。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsba/taikai/84taikaiprogram.pdf
ブログでではありますが、貴重な報告機会を与えてくださったみなさまありがとうございます。
そして、司会を務めていただきました、板倉先生、堀越先生、桜井先生、ありがとうございました。

報告はしたものの、自分の報告姿はなかなか撮れないもので、懇親会はばっちりとってきました!
100903_01
ただ、新理事長の高橋先生のご挨拶の写真を撮り忘れ、
乾杯のご挨拶をされた片岡先生の写真のみありました…やはり私はおっちょこちょいです。

まぁ、とにかく充実した4日間でした。
やはり学会に参加すると研究意欲がわきますよね。社会的企業セミナーに引き続き、
研究活動を頑張らねばと再決心です。

第2回日韓社会的企業セミナー(東京)のご案内

日韓社会的企業セミナーに少し関わらせていただいておりますので、情報を転載させていただきます。
日韓の社会的企業に興味のある方は参加されてはいかがでしょうか?!

***

「第2回日韓社会的企業セミナー」(東京)のご案内

■セミナー開催の趣旨
 ヨーロッパで1990年代初頭から始まった社会的協同組合、社会的企業の流れは 、今、アジア、世界へと拡がりつつあります。
 韓国では、2007年から「社会的企業育成法」が施行され、低所得者・障害者・高齢者・性売買被害者など、脆弱階層が労働参加する、もしくはその人達へのサービスを行う事業所が300近く新たに生まれました。
 昨年11月、ソウルで開催された第1回セミナーでは熱気にあふれ、課題を明らかにするものでした。そして今年、第2回セミナーを日本(11月20~24日 大阪・東京)で開催し、韓国から60名以上が参加を予定しています。
 日本では、障害者自立支援法の廃止および国連・障害者権利条約批准にともなう障害者制度改革の機会を迎えています。私たちはこの機に、競争的労働市場とは異なる、協同の労働機会をつくりだす「社会的事業所促進法」の制定を提起しています。これは、障害者だけでなく、ホームレス・ニート・引きこもりの人・シングルマザー・薬物アルコール依存者など、社会的排除にあう人が労働参加する事業体をつくろうとするものです。
 今セミナーでは、社会的排除をなくして、社会的事業所(企業)をすすめるべく、日韓の交流を深めていきます。

■大阪での開催情報(省略)

■東京での開催情報

1.荒川フィールドワーク、日韓研究者との意見交換
  日韓社会的企業セミナーに参加したメンバーと日本の現場の見学
  11月22日(月) 午前中
  コーディネーター 中村 光男(企業組合あうん)
 
2.フォーラム「自治体から排除をなくし就労創りの条例を」
  地域社会に育ちつつある社会的包摂の事業的取り組みと行政との協働を議論する
  11月22日(月)14:00~17:00(受付13:30より)
  東京都庁議会棟2階第2会議室
  (JR新宿駅西口から徒歩約10分*都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」徒歩約3分)
  司会:大西由紀子(東京・生活者ネットワーク前都議会議員)
  報告者
   ①イ・ウネ(SEEDS常任理事 前ハルケコルム事務局長)
    「社会的企業育成法制定以後の変化と現状について」
   ②チャン・トンギョル(共に働く財団社会的企業設立運営支援課長)
    「社会的企業活性化のための国と自治体の支援内容」
   ③冨田一幸(㈱ナイス代表取締役)
    「総合評価制度と公的調達で自治体にソーシャル・ファームが各地に」
   ④岡田百合子(NPO法人ワーカーズ・コレクティブ協会)
    「排除に会う人や若者の仕事を現場の中で訓練する就労起こしの試み」
  
  懇親会:フォーラム終了後、1階のレストランで開催。参加費3000円
  司会:堀内光子(前ILO駐日代表部) 
  ※日韓の研究者と実践家とのザックバランな意見交歓の場とする。

3.フォーラム「排除にあう当事者の声と就労支援の仕組み」
  日韓の法制化をめぐる論点整理と当事者の声と就労の現場から
  11月23日(祝)10:00~16:30(受付9:30より)     
  国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅 下車 徒歩約7分)
  第1部:基調報告  10時~11時45分 
   司会 野口俊彦(共同連、自立生活センター・立川)
   報告
    ①斎藤懸三(共同連事務局長、わっぱの会)
     「昨年からの日本における法制化経緯と概要について」  
    ②チャン・ウォンボン(聖公会大学社会的企業研究所研究教授)
     「韓国の状況について」 
  第2部:報告と分析及び意見交換 12時45分~16時30分 
   司会 藤木千草(ワーカーズ・コレクティブ ネットワーク ジャパン)
   実践者からの報告
    ①キム・チョンリョル(社団法人韓国障碍友権益問題研究所)
     「障害者労働統合型企業の現状」 
    ②中村光男(企業組合あうん)
     「野宿者の会からリサイクルを中心とした就労事業へのあゆみ」  
    ③山下和子(NPO法人わくわくかん)
     「障害者就労の現場からの報告」 
   質疑応答 30分
   休憩 15分
   研究者からの報告と意見交換 
    ①イ・ウネ(SEEDS常任理事)
     「韓国における社会的企業育成の展望」
    ②北島健一(立教大学教授、社会的企業研究者)
     「日本で労働統合型社会的就労をすすめるための基本的視点」 
   意見交換 25分

4.国会議員と当事者、日韓研究者との意見交換
  日韓の法制度についての課題をクリアにするトーク
  11月24日(水)12:00~14:00(11:30に衆議院第1議員会館受付集合)      
  衆議院第1議員会館国際会議室
  (東京メトロ 丸ノ内線 千代田線「国会議事堂前駅」徒歩約3分など)
  司会:大河原雅子(参議院議員)
  報告
   ①チャン・ウォンボン(聖公会大学社会的企業研究所研究教授)
    「社会的企業育成法制定の背景と改訂法案の内容」
   ②花田昌宣(熊本学園大学教授、障害者労働研究会)
    「日本における社会的排除に関する緊要の政策課題」
   ③石毛えい子(衆議院議員、民主党就労議連)
    「日本の社会的排除をなくす民主党自立就労議連などの報告」
   ④斎藤懸三(共同連事務局長、わっぱの会)
    「社会的事業所法の骨子について」
  
※資料代: 1000円

※連絡先:日韓社会的企業セミナー東京実行委員会
 ワーカーズ・コレクティブ ネットワーク ジャパン(WNJ)
 TEL 03-3325-3720   メール wnj_office(アットマーク)wnj.gr.jp

                          
=========== 参 加 申 込 書  ============
※下記の情報は、本セミナー、及び、今後の活動案内をお送りすることにのみ使用します
※お手数ですが、下記のメールにお送りください。
  wnj_office(アットマーク)wnj.gr.jp ワーカーズ・コレクティブ ネットワーク ジャパン(東京会場)
①お名前
②所属団体
③住所
④TEL・FAX
⑤メールアドレス
 (以下、東京会場の情報に関して)
⑩11月22日フォーラム(都庁)    参加・不参加
⑪11月22日懇親会(参加費3,000円) 参加・不参加
⑫11月23日フォーラム(オリンピック記念青少年総合センター) 参加・不参加
⑬11月24日国会議員との意見交換(衆議院議員会館) 参加・不参加

***

ブログ記事が長くなりそうでしたので、大阪会場のほうは省略させていただきました。

松本
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード